中山世鑑を読んでいます(まだ56ページ目)

スポンサーリンク
中山世鑑を読んだ
中山世鑑

図書館で借りてきた中山世鑑を改めて読んでみました。現在56ページ目。
改めて読んだと書いたけど、読破したことはまだ一度もなくて、少し前に欲しい部分だけをザックリ斜め読み程度で降参していました。

今日は最初から腰を据えて読んでみて、ちょうど舜馬順熙のところでいったん置きました。集中力が続きません(;´∀`)

ここまでの印象

うーん。ここまで読んでみたところでは、
保元物語のくだり長~い!
というのが一番強い印象です。あんまり長いので読み飛ばしました。何を読まされているんだろうってちょっと思った…かな。

それから、この一文今いる?っていう文章が時折挟まっていて気になりました。

例えば、総論の中で出てくる舜天のところ、

尊敦は右側の生え際に角があったので、その角をかくすため髻を右側に結って載せていた。

っていう有名な一文。

有名な話なので前後にどんなストーリーがあるのかと思いきや、う…うん。どしたん急に?って思うくらい突然出てくる一文でした。

もう一つはこれも総論で察度が閩人三十六姓を賜った話のところで

しかし、その三十六姓も少なくなって、今は僅かに蔡、鄭、林、梁、金の五家が残っているのみである。

って急に”今は”(それを書いている時点)の話が出てきて、その情報今いる?って読んでいて思いました。

それでね、これ注釈も合わせて読みながら思ったんですが、羽地朝秀の表現のしかたってほとんどが、『なにやらの故事になぞらえてこれを意味する。』みたいな暗示してる系の書き方だなぁと。(もしかしたら、この時代はみんなこういう表現をしたのかもしれないけど、そこまで私は知らなくて…。)

そう考えると、さっき書いたような今いる?って思うような一文は、そんなふうに不自然に書くことで何かを意味していたのかなぁとも思いましたね。

あとは、尚真王の絶賛度合がすごかった。絶賛され過ぎー!って思いながら読みました。

新しく発見したこと

中山世鑑をちゃんと読んでみて新しく発見できたこともあります。

まず一つは、『運を天に任せてたどり着いた運天港』の話は中山世鑑が出所ではなかったんですね。

今までは中山世鑑を参照しながら書いている歴史本を読んでいたので、話のどこまでが中山世鑑に書かれていたことなのかをはっきりと把握できていませんでした。

浦添に残された親子も中山世鑑では洞窟じゃなくて草庵で待ってたことになっているし。

それから驚いたのは、尊敦にセリフがあるんですね。尊敦がしゃべった!と思いました。
「自分はー!未熟者だけどもー!ええとこの子なんやでー!」
とかって読みながらセリフを勝手に脳内変換してしまいました。

最後は、舜馬順熙にもうちょっと触れてあげればいいのに…って思ったかな。

前は全然入ってこなかった中山世鑑も、今になって腰を据えて読んでみるとけっこうおもしろいです。少しずつ読み進めながら、またメモ代わりに感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク
   
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です