歴史の人物

今日の勉強

阿知利世の主(アチリユウヌシ)のこと-調べもの途中のメモ

与那原町与那原にある史跡「阿知利世主」について。与那原の村建ては阿知利世の主だったのではないかと予測した素人のメモ書きです。
歴史の人物

泰期(たいき / たいち)

読谷村の残波岬にある泰期(たいき)像。 「商売の神様」とされた泰期は琉球で14世紀後半に活躍した実在の人物だった。 進貢貿易の立役者 「商売の神様」とされる理由 残波岬に立てられた泰期像の台座には、 ”…並外れた勇気と使命...
2019.09.19
歴史の人物

舜天(しゅんてん)

舜天については、調べれば調べるほどにこんがらがってきます。 切っても切れない為朝伝説やそもそも舜天は実在していたのかなど、いろんな仮説が立てられています。そんなふうに情報が混乱しているのは、琉球の中でも歴史が古い時代の人物なので、資料がなさすぎて伝説や仮説を否定することができないからだそうです。 証明とか仮説とか、その辺の難しいことは私にはできませんが、私なりに歴史本を読み比べながら解釈した舜天のイメージをまとめてみます。
2019.09.25
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました