ヤハラヅカサ

スポンサーリンク

アマミキヨが降り立った聖地の証し

ヤハラヅカサの石碑沖縄県南城市百名にある百名ビーチの海中に『ヤハラヅカサ』と刻まれた石碑がある。これは、琉球開闢の祖とされるアマミキヨが本島を作るため、久高島から渡り、降り立った場所とされている。

ヤハラヅカサの石碑(南城市百名)
ヤハラヅカサの石碑

アマミキヨはこの砂浜の山側にある浜川御嶽のある場所にしばらくの間住んでいたという。

琉球王国が成立してからも、ここは聖地として語り継がれ、国王自ら聖地を巡礼する「東御廻り(あがりうまーい)」の一ヶ所に含まれた。
琉球王府の正史『中山世鑑』では、アマミキヨが作った5番目の聖地に『藪薩(やぶさつ)の浦原』と書かれており、ヤハラヅカサを含めるこの辺一帯が古くからの聖地だったことがわかる。

ヤハラヅカサの石碑は満潮になると海中に沈むため近寄ることができない。海上に半分だけ姿を現した石碑は、まだ何もない海に降り立ったアマミキヨをそのままイメージできる。

海岸にアマミキヨが降り立ったよう
海岸にアマミキヨが降り立ったよう

石碑を前にして立つと、遠くからリーフの先に波がぶつかる音が響いている。さえぎるものがない真っ青な空と海に吸い込まれるような気分になる。

スポンサーリンク
   
この記事をシェアする

ゆかりの人物

アマミキヨ(阿摩美久/アマミク)

目次1 様々な伝説を持ち沖縄各地で慕われている琉球開闢の祖2 アマミキヨは実在し…記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です