琉球の墓

スポンサーリンク

 

鬼大城(うにうふぐしく)
それはそれは剛健な武将で、尚巴志の七男・尚泰久王の頃、琉球王府軍のトップを務めるような人だったらしい。

ただ、歴史本で知っただけの時、この人のことは嫌いだった。
やることなすことがちょいちょい姑息で、王に讒言をしたとか、人妻をかっさらったとか、”恋に狂った男”とまで書いている本もあった。

勝連半島を散策して恩納村に戻る途中、たいして興味はないけれど、近くを通ったついでに鬼大城の墓に立ち寄った。
ついさっきまで、散々小ばかにして、
「しょうもない男らしいで」
とケセラセラ話していたのに、実際に墓の前に立った瞬間に、『あぁ。申し訳なかった。』と思った。

この人はめちゃくちゃ尊敬されている人だと、直観的に思った。
「いろいろ言う人はいますけど、とても素晴らしい方だったんですよ。彼は一族の誇りです。」
と語りかけられているような気がした。

沖縄の墓に行くと、子孫の心意気みたいなものを感じるときがある。
護佐丸の父ちゃんじいちゃんの墓に行った時は『うわ…かっこえぇ』と思ったし、護佐丸の兄ちゃんの墓に行った時も、同じような粋さを感じた。(ただ、護佐丸のことを書きだすととんでもなく長くなるので、今日は端折る。)

テレビを見ていたら、琉球空手に魅了された外国人が、鬼大城の墓を訪れるというシーンがあった。琉球空手の礎を築いた人で、とても尊敬しているんだ。と言って外国人は墓の前で泣いていた。
人の熱い気持ちや深い感謝の気持ちは念となってその場に残るんだと思う。

政権が変わって、謀反を疑われた鬼大城は、琉球王府軍に追いつめられて逃げ込んだ洞窟で、火攻めにあって亡くなった。その洞窟がそのまま墓になったという。入り口がすすけているのはその時を物語っているとかいないとか。

 

鬼大城の墓(沖縄市知花)
鬼大城の墓(沖縄市知花)
スポンサーリンク
   
この記事をシェアする